2日目。

今回の渡タイの目的はロッブリーにある山のお寺に行くこと。
2日目の今日、いよいよお寺に出発です。

11時にMさんというタイ人女性がホテルのロビーまで
迎えに来てくれることになっていて
約束の時間より15分も早く、10時45分に来てくれました。

バンコク市内からお寺までは、車で約3時間程。
2時くらいにはお寺に着くよ、とのことでした。

Mさんの運転する4WDに乗り、お寺に向けてしゅっぱ〜つ!
e0152171_17271655.jpg


Mさんは日本語は全く話せないので
タイ語と英語をミックスさせながらの会話。
どうなるかなぁと心配でしたが、すっごく優しい人だったので
安心して過ごせましたよ。
どことなく親戚のおばさんに似ていたというのも安心できたのかも。

途中のガソリンスタンドにあるフードコートで昼食。
e0152171_1731322.jpg

私が選んだのはカオマンガイ。
Mさんが蒸し鶏と揚げ鶏のハーフにしたらいいよ、とススメてくれました。
値段は35バーツ。

ミネラルウォーターは10バーツ。
全部で45バーツ。日本円でおよそ130円くらいの食事。
(Mさんがご馳走してくれました)

しばらく走った後、立ち寄ったお店。
Mさんはこのソーセージをたくさん買ってました↓
e0152171_1736502.jpg


お店の外には魚の干物がたくさん。
e0152171_17374283.jpg


これは木に実ったマンゴーを収穫する道具だそう。
e0152171_17384647.jpg


さとうきびジュースをMさんが買ってくれました。
e0152171_17394396.jpg


またしばらく車で走った後、いよいよロッブリー市内に到着。
お寺では夕食は出ないため(お坊さんは朝と昼の2回しか食事をとらないそう)
市内のお店で本日の夕食を買って行くことに。

こちらのお店で購入。
e0152171_17485674.jpg


作ってくれている間、近所をウロウロしたけど静かな町でした。
e0152171_17503254.jpg



出来たてほやほやの夕食を持って、いよいよお寺へ。
山の下の駐車場に車を停めて、あとは600段近くある階段をのぼっていきます。
駐車場でちょうどお寺のスタッフ(!?)さんたちと会ったので一緒にのぼることに。

山には野生の猿がたくさんいるのでMさんは猿除けのために木の棒を持ってのぼってました。
(でも今回は階段の途中では猿に遭遇しませんでしたよ)
e0152171_17554292.jpg


階段すごいです…。もうヘロヘロ…。
e0152171_17524087.jpg

↑写真の右上の方に見えるのがお寺の宿泊所です。


やっと宿泊所に到着〜。
中はこんな感じ。ここは女性専用の部屋。
写真だと一部分しか写っていませんが、結構広いんですよ。
e0152171_17585935.jpg


窓から外の景色。
e0152171_1802588.jpg


この日、ここの宿泊所に泊まったのは
私とMさん、先生と先生の家族(5人)、あと他に2〜3人いたかな。

先生たちは前日までタイ北部に遊びに行っていて
そこから直接お寺にやってくるのですが
予定していた到着時間よりも遅れるとのこと。

Mさんがお寺の台所&食堂に行くというので私も一緒についていくことに。
台所では女性スタッフたちが翌朝の食事の下ごしらえをしていました。
私も「何か手伝いたい」とお願いして
生姜をみじんぎりするのを手伝いましたよ。

5時に夕食をとった後、シャワーを浴びることに。
フンフンフン♪と、浮かれがち(?)状態だった私は
鼻歌まじりにシャワールームに入り
シャワーの栓をひねったとたん……

「………!!!!」

鼻歌はピタリととまり、険しい表情になった私。

そう、うっかり忘れていました。ここは山の頂上。それもタイの田舎。
シャワーからお湯なんて、当然出ませんですの。
暑い日中ならまだ我慢はできるけど、山の夜は結構涼しいので
水シャワーは結構厳しいっす。

ひいいい〜〜っ、といちいち悲鳴をあげながら
「これも修行のひとつじゃ!」と自分に言い聞かせつつ
少しずつ少しずつ水シャワーを浴びていきましたよ。

水シャワーの修行(!?)を終えて出てきたら
先生たちが到着していました。

「わぁ〜、ここで無事会えましたね〜」と再会を喜ぶ、先生と私。

先生たちが夕食をとるというので、またもやそれに付き合ってお寺の台所&食堂へ。
私はすでにお腹がいっぱいだったので
先生たちが食事している間、コーヒーを飲んでました。


夜7時半から、本堂でお坊さんたちの読経(?っていう表現でいいのかなぁ)が始まり
1時間くらいしてから、本堂の明かりを暗くして、瞑想。
おそらく瞑想も1時間くらいやっていたかも。

その後はお坊さんを囲んでの雑談タイム。
お坊さんも優しい人で、おちゃめなところもある感じ。
簡単な手相を見てくれたり、カードを引いて、そこに書いてあるメッセージを読んでくれたり
この時間が一番楽しかったですわ〜。

「家に帰ってからも、毎日10分でもいいから瞑想をするように」と言われましたよ。
守っていないな〜(汗)


この日は、おそらく23時前には就寝したかな。
[PR]

by tongdeeng | 2010-08-11 21:00 | 2010夏・タイ